五感で味わう
美術館デートプラン デュ パルク

庭園を楽しみながらの食事

インテリアの特徴は、木材を大量に使用している点だ。天井を見上げると、木目の綺麗なカラマツが天井板として張られている。ほのかな木の香りが店内に広がり、安心感に包まれるだろう。席数は全体で44席あり、カウンターは8席。段差のないバリアフリー設計なので、車いすやベビーカーで来店をしても気軽に入れる。

そして、お店の最大の魅力と言えば、庭園を楽しみながら食事ができることだ。天井まで続く巨大なガラス窓の外には、美しい自然が広がっている。窓の前には桜の木があり、春になると満開の花が咲く。春は桜、夏は深緑、秋は紅葉と四季に合わせてロケーションが変わるので何度来てもあきないだろう。

しかも、庭園は夜になるとライトアップされるので、昼とは違う印象をうけることなる。美術館は18時に閉館してしまうが、『レストラン デュ パルク』は22時までお店が開いている。夜の庭園を本当の意味で楽しむことは、このお店でしかできないのだ。

5
自然を感じながら食事を楽しむことができる。
6
厨房の上に広がる、木の風合いを生かした屋根がインテリアのアクセントに。

イメージ

----------------

ページの一番上へ戻る▲