今注目のクラフトビールのブルワリー新しいビールの楽しみ方を知ろう! スプリングバレーブルワリー東京

相乗効果で引き立て合う、ビールと料理の関係

ビールはワインと同じ食中酒の一種で、料理を引き立てる効果もある。口の中でビールが食材とマリアージュすることで、新しい美味しさが生まれるのだ。そこで試してみてほしいのが、定番のビール6種と、それに合うおつまみが楽しめる『ペアリングセット』だ。

ペアリングのやり方は、まずビールを一度口に含んで口内をコーティングする。次に、料理を口の中へ。咀嚼をして飲み込む直前にもう一度ビールを口へ運んで一緒に流しこむ。料理の味とともに、鼻から抜ける戻り香を楽しもう。

基本的には、似た風味のものは相性が良くなる傾向がある。例えば、『on the cloud(オンザクラウド)』には小麦を使っているため、同じく小麦を素材にしているピザとは合いやすい。また、柚子や山椒といった和の素材を使っている『Daydream(デイドリーム)』はお寿司のような魚介と合わせてみても良い。もっとも、別々に口にしている時には思いもよらなかった、驚きの味わいを感じられることもあるから、自分だけのペアリングを探してみるのも面白いだろう。

10
『ペアリングセット』2,300円(税込)。ビールとフードのマリアージュを楽しめる。
11
『on the cloud(オンザクラウド)』と釜揚げしらす・九条ねぎ・焦がしバター醤油のピッツァ。

イメージ

----------------

ページの一番上へ戻る▲