今注目のクラフトビールのブルワリー新しいビールの楽しみ方を知ろう! スプリングバレーブルワリー東京 ビールが美味しいこれからの季節。キンキンに冷やしたビールを飲み干す瞬間は、仕事の疲れを忘れさせてくれる至福の時だろう。そんなビール好きに紹介したいのが、出来立てのクラフトビールをその場で飲める『スプリングバレーブルワリー東京』。そこはまさに、ビールの無限の可能性を感じられる空間。ワンランク上のビール体験をぜひ!
読者特典

ビールの楽しみが広がる体験型ブルワリー!

最近話題のクラフトビールだが、普段飲みなれているビールと何が違うのだろうと疑問に思っている人は多いはず。いつものビールからあまり冒険はしたくないけど、ちょっと興味はある…そんな人にぴったりなのが、キリンビールの社内ベンチャーとして立ち上がったスプリングバレーブルワリーが、2015年にオープンをさせた体験型ブルワリー併設店舗『スプリングバレーブルワリー東京』だ。

風を感じるウッドデッキのテラス席から店内に入ると、200名以上は収容できる広々としたスペース。その手前にあるのが、ビールの発酵タンクだ。工場見学をしているような雰囲気のなかで、出来立てのクラフトビールを飲むことができるのだ。

日本で一般的に飲まれているビールのほとんどは、ピルスナーに分類されるが、実は世界には、多種多様なタイプのビールがある。そのなかで、スプリングバレーブルワリー東京では、定番で個性的な6種類のクラフトビールを揃えている。そのほかにも、季節限定ビールや、新しい試みのビールなどを合わせて、常時10種類以上は扱っているのだ。もちろん、Tボーンステーキや西洋ケールのサラダなど、ビールとの相性を考えたフードメニューも充実しているぞ。

1
代官山駅のほか、JR恵比寿駅からも徒歩圏内。
2
ロゴマークもオシャレ。
3
毎日、新鮮なビールを仕込んでいる。

イメージ

----------------

ページの一番上へ戻る▲