伝統と人を結ぶ国産時計ブランド Knot ノット

職人たちが作る洗練された商品

世界的に高水準の技術が詰め込まれているのが『Knot』の時計の特徴だ。大手時計メーカーのOEM生産を手がける、国内有数の技術工場とパートナーシップ契約を結んでいるので、それが実現できる。

ベースとなる時計本体は5種類あり、カラー違いやサイズ違いなどバリエーション豊富。特に人気なのは、会社の創業当初から構想をスタートさせていた「AUTOMATIC」。日本製の高精度ハイビートムーブメントを採用しており、1時間に28,800回(1秒8回)というハイビート(振動)で、秒針の振り幅を小さくして、時計の精度を飛躍的に高めている。ケースの風防には、高級時計で見かける無反射コーティングを施したサファイアガラスを使用。裏蓋には医療用でも使われるサージカルスティールを採用。日本技術の粋が時計の中に詰まっている。

高性能はもちろんのこと、ファッション面でのポイントの高さも注目だ。遊び心を取り入れた、ポップなデザインとカラーリングが特徴のものは休日などのカジュアルな服装にあわせて、クラシックな四角形のデザインの角張っているものはビジネスシーンでと、ライフスタイル合わせてチョイスできる。

ベルトは少なくても70種類以上はあり、専用工具がなくても簡単に取り換えが可能な「EASY LEVER」が標準装備されている。中でも日本の二大タンナーのひとつ「栃木レザー」は100%ナチュラルな植物なめしにこだわっており、しなやかさが特徴だ。もうひとつの「姫路レザー」は、柔らかくて肉厚な質感に仕上がっている。

これだけ高品質にもかかわらず、値段は非常にリーズナブル。時計本体は1万円から手が届き、ベルトは3,000円〜6,000円程度がラインナップ。中間流通の無駄なコストを極力カットすることで、市場価格の3分の1程度という、夢の値段が実現したのだ。

3
高品質ながら、リーズナブルな価格で手に入る本体。
4
職人の技が詰め込まれたベルトは色違いで揃えたくなる。
5
時計好きにはたまらない機械巻きの時計も揃う。
6
チョイスに迷ったら、相談にも乗ってくれる。

イメージ

----------------

ページの一番上へ戻る▲