しっとりと過ごす大人の冬ディナー MY HUMBLE HOUSE TOKYO マイハンブルハウス トウキョウ

セレブを魅了する料理スタイル「シンガポール・キュイジーヌ」とは?

世界のセレブが集まるのが、巨大経済都市のシンガポールだ。一流のレストランがひしめき合うこの地で、各界の著名人たちを魅了してきた『MY HUMBLE HOUSE』。提供する「シンガポール・キュイジーヌ」とは、“東南アジアの熱気を帯びたモダンチャイニーズ”とでもいうべき新しい料理スタイルで、アジア各地で用いられる香辛料や調味料を取り入れ、フレンチのデザインでお皿の上に珠玉の一品を表現する。

開業当時からある看板メニューのひとつが「海老のフリット わさびマヨネーズソース」。新鮮な海老にかかっているのは、オーナーシェフが考え抜いたオリジナルソースであり、女性でも食べやすいピリ辛テイスト。海老の旨みを引き出してくれる。

「マコモ茸の海老すり身のせ スパイシーソース」(1,400円)も開業当時から愛されているメニュー。ふんわりとした海老のムースと、歯ごたえのあるマリモ茸を熱々のオーブンで焼き上げた自慢の一品である。

お肉をガッツリとほおばりたい人には「牛フィレ肉とハモンセラーノのスービット ポルチーニソース」(3,250円)がオススメだろう。牛フィレとハモンセラーノをタイムでまぶした後、真空状態に低温でじっくりと蒸し焼きにすることで、柔らかいお肉の中に旨みをギュッと閉じ込めるのだ。

女性を幸せな気分にさせる甘いデザートも充実している。とくに評判が良いのは「ジャスミンティーのクレームブリュレ」(1,000円)。ジャスミンのさわやかな香りと大人の甘みを感じさせてくれるので、食後の余韻を残したまま楽しめる。

3
「マコモ茸の海老すり身のせ スパイシーソース」は女性にも好評。
4
人気No.1メニューの「牛フィレ肉とハモンセラーノのスービット ポルチーニソース」
5
他店ではなかなか味わえない「ジャスミンティーのクレームブリュレ」

イメージ

----------------

ページの一番上へ戻る▲