中華秘伝の極上スープで口福のひとときを…… 玻璃 青山

中国の七宝のひとつがインテリアのコンセプト

店名である「玻璃」(ボーリー)とは、中国に伝わる七宝のひとつで、「ハリ」とも呼ばれる、ガラスのことだ。それを表現するかのように、店内にはフランスアールヌーヴォー期に活躍した「エミール・ガレ」や「ルネ・ラリック」の作品が飾られている。モダンでラグジュアリーな雰囲気を感じることだろう。

テーブルを明るく照らすキャンドルは、中国茶のポットを保温しておく容器を使用。小さな中華鍋がセットされており、その上にはジャスミンの葉が置いてある。キャンドルの火で軽くあぶると、ほのかな香りが広がるという演出。まさに、大人の空間!

オリエンタル風の個室が3部屋あり、接待時に便利な6人部屋と、恋人と特別な空間を作れる2人部屋が2つ。ダイニングは60席あるが、デートに使うのであれば、断然、夜景が綺麗な窓際をおすすめする。

アールヌーヴォーの優美なラインが、上質な時間を演出してくれる。
茶香炉で温められたジャスミンと茶葉の香りがほんのりと漂う。
個室もあるので、両家の顔合わせなどにも利用できる。

イメージ

----------------

ページの一番上へ戻る▲