オフィス街に突然現れるロマンチックな一軒家イタリアン ビアンカーネ BIANCANE

20種類以上の特製パスタが口の中で心地よい音色を鳴らす

お店のこだわりは、なんといっても種類の豊富なパスタ。20種類以上の自家製パスタを揃え、ソースに最もマッチしたものをセレクトしてくれる。例えば、『鴨と下仁田ネギのラグー パッパルデッレ』(1,850円)では、ロングパスタのなかでも最も太い“パッパルデッレ”を使用。『猪のサルシッチャと冬野菜のオレキエッテ』(2,100円)では、小さな耳という意味を持つショートパスタの“オレキエッテ”を使っている。他店では見た事がないような独特な形状にまず驚き、口に入れたら形によって食感や味わいが全く違うので、二度目の驚きを味わえるはずだ。ソースとパスタの絶妙な絡みを堪能してほしい。

パスタ以外でも、お店に来たらぜひ食べて欲しい料理がいくつかある。トスカーナ地方の郷土料理『トリッパとギアラのトマト煮込み』(1,540円)は、食べ応えも満点。さまざまな野菜や魚、肉が入っていて彩り豊かな『前菜の盛り合わせ』(1,650円)は、目でも楽しめる。そして、女性に人気の高いのは『ズッパイングレーゼ』(720円)というデザートだ。リキュールをたっぷりと沁み込ませたスポンジケーキに甘いカスタードクリームをトッピングしたもので、香り豊かな大人のスイーツだ。
※表示価格は税込みです。

3
鹿肉のラグーソースに使用しているパスタはキタッラ。
キタッラとは、ギターの 弦という意味なのだとか。
4
パスタの種類がこんなにあるのか!と驚かされるに違いない。
上)前菜の盛り合わせと、下)『ズッパイングレーゼ』は女性に人気なのでぜひ注文して!

イメージ

----------------

ページの一番上へ戻る▲