世界最高級の革製品でオリジナルの一品を!GANZO

パターンオーダーの流れを見てみよう!

@ミーティング
熟練のスタッフが丁寧に相談にのって完成イメージを打ち合わせする。どのような用途で使いたいか、どういう印象を持たれたいかなど、自由に聞いてみよう。

Aマテリアル&フォルム
用途や好みに合わせて、革素材と型を選ぶ。ここで計17種類の基本的な型からチョイスすることになる。そして、革もここで決める。見本の革があるので、それを触って肌触りを感じながら選ぶので完成品がイメージしやすい。お好みのイニシャルを入れることもできるぞ。

Bディテール
ステッチの色や金具を決める工程。ステッチとは縫い上げるときに使う糸のこと。例えば、財布だと外側のステッチと、開いた状態で見える内側のステッチの2種類の色を変えられる。既成商品の場合は革と糸が同系色のものが使われやすいので、オリジナリティーを出したいのなら、全く違う色を使ってみるのも良い方法。ちなみに、どの色とも合わせやすい金色のステッチは人気が高い。

Cアップ
出来上がりまでは1カ月半ほど。値段は革や工程によって変わってくるが、長財布の場合は大体5万円前後から注文が可能。さらに1年間は修理が無料となる。オーダーをまだ経験したことがないのなら、手軽に始められるパターンオーダーを一度チャレンジしてみよう。

8
店長の菅野さん。何でも相談にのってくれるので、作りたいイメージなどを伝えよう
9
オーダーした商品は丁寧に1つずつ仕上げてくれる

イメージ

----------------

ページの一番上へ戻る▲