お酒と料理の相性が抜群! 九州の魅力が詰まったお店わさび(恵比寿集合!九州男とうまかもん。)

日本一に輝いて、さらに世界が認めた『鍋島』という日本酒

美味しい日本料理には、やっぱり相性の良い日本酒や焼酎がほしくなる。実はこのお店は、飲み手の好みや要望を察知してお酒を提案する“焼酎のプロフェッショナル”である「焼酎利き酒師がいるお店」なのだ。焼酎だけでも70種類以上は扱っていて、メニューに載せていないお酒も数多くあるので、店員さんに聞いてみよう。

そんなお酒のプロが一押しなのが、佐賀県産の日本酒『鍋島』だ。100年の歴史を持つ富久千代酒造が作ったこの日本酒は、国内外の利き酒師が集まる『第14回国際酒祭りin TOKYO』(2000年)の純米酒部門で、見事、日本一に輝いている。さらに、9000銘柄ものワインが集まる『インターナショナル・ワイン・チャレンジ・2011』において、『鍋島大吟醸』が『SAKE部門』の最優秀賞『チャンピオン・サケ』にも選ばれた。この機会に世界的に認められるその味を楽しまないのはもったいないぞ。

佐賀県産の日本酒は他にも扱っていて『万齢 純米超辛』(¥1,100/一合)で辛口を楽しんだり、『能古見 純米吟醸』(¥1,400/一合)、『古伊万里 純米吟醸』(¥1,250/一合)などの地酒もある。芋焼酎で言えばモンドセレクション大金賞を獲得した『芋濁』(¥750)、麦焼酎なら濃厚な甘みととろみの『爆麦』(¥650)だ。選ぶのがとても楽しくなるだろう。

10
郷土料理のお店に来たのなら、せっかくならお酒も地酒を楽しもう
11
お酒のプロフェッショナルがあなたにあった一杯をアドバイスしてくれる
12
人気の『鍋島』は種類も豊富。女性でも飲みやすいフルーティーなものもあるのでチャレンジしよう

イメージ

----------------

ページの一番上へ戻る▲