お酒と料理の相性が抜群! 九州の魅力が詰まったお店わさび(恵比寿集合!九州男とうまかもん。)

佐賀県産の『佐賀牛』や『ふもと鶏』などのご当地食材を味わい尽くす!

ここのお店の料理の特徴は、佐賀県出身の店長の情熱が注ぎ込まれていること。店長の親が佐賀県で日本料理のお店を経営しており、そのルートを使って、現地の新鮮な食材を集めているのだ。さらに、店長自ら、毎日仕入れにいって、その日、一番おいしいものを手に入れてくる。そのため、「本日のオススメ」というメニューを毎日書き換えているほどだ。そのメニューは毎日変わるが、秋の季節には、カキ、白子、まつたけ、栗などを使ったメニューがずらりと並ぶ。季節を舌で感じる贅沢な時間を過ごしてみよう。

人気メニューは、九州の郷土料理として地元でも有名な『胡麻さば〜たっぷりの葱と胡麻で』(¥1,200)だ。炒った胡麻が敷き詰められた下に、タレで和えた鯖が隠れていて、からめて食べると酒の肴にピッタリ。ほかにも、脂がたっぷりとのった自慢の佐賀牛を使った『牛たたき 自家製とうがらし醤油漬け』(¥1,300)、『ロースの炙り焼き』(¥2,200)、『ひれの炙り焼き』(¥2,300)なども食欲をそそる。佐賀産のお肉は牛だけではなく鶏もあり、やわらかくてきめ細かな肉質が特徴の佐賀県産のふもと鶏で作った『ふもと鶏塩焼き(又は唐揚げ)』(¥1,300)もオススメの一品だ。女性向けで人気があるのは、農薬をほとんど使わない安心で、栄養満点の鎌倉野菜をたっぷりと使った『彩り,いろいろ野菜でバーニャカウダ』(¥1,100)だ。

食事にも旬を取り入れるのが、デキる男の楽しみ方のひとつだと覚えておこう。

6
香ばしいかおりの炒りごまの下には鯖が隠れている
7
ごまの中から姿を現した鯖。プリップリで鮮度が違う
8
脂ののったイワシに明太子を詰めた、九州名物のイワシ明太
9
10種類以上の鎌倉野菜を使い、3種類の味付けで食べられるバーニャカウダ

イメージ

----------------

ページの一番上へ戻る▲