【お酒と料理の相性が抜群! 九州の魅力が詰まったお店わさび(恵比寿集合!九州男とうまかもん。)】今回ご紹介するのは、九州の郷土料理が楽しめるお店『わさび 恵比寿集合!九州男とうまかもん。』だ。九州の有明海や玄界灘の鮮魚、佐賀県産の佐賀牛やふもと鶏、などご当地の食材をふんだんに使った料理や、旬にこだわった季節ものが充実している。おまけに、佐賀県産の日本酒も多く取扱っていて、なかでも世界が認めた『鍋島』は、一度は飲んでみる価値がある自慢の日本酒だ。カウンターや個室もあるので、気分によって使い分けることができるのが魅力なのだ。

常連客が絶えない落ち着く空間で、日本の味を堪能しよう!

今回ご紹介するのは、恵比寿から徒歩5分、郷土料理が堪能できるお店『わさび 恵比寿集合!九州男とうまかもん。』だ。「心が和む、美味しい時間を堪能してもらいたい!」というコンセプトで5年前にオープンしたお店は、2012年の6月に恵比寿に移転。常連客に愛され続けて、雰囲気が抜群に良いお店だ。

“わさび”という店名は、日本だけの食材であるので和食にこだわり、鮮度や旬を徹底的に意識をしていく、という決意の表れなのだ。その決意が示す通り、九州の有明海や玄界灘の鮮魚をはじめ、珍しい食材や旬の食材などがふんだんに取り扱われている。しかも、九州の地酒がたっぷりと用意をされているので、日本酒好きはテンションが上がって目移りしてしまうだろう。

店内は坪数に対して席をゆったりととっているのが特徴。カウンター11席、テーブル14席、9名が入れる個室が2部屋、と全部で43席。木を多く使うことで居心地の良い空間となり、常連客であふれたアットホームな雰囲気は、大人の男を演出するにはピッタリの場所だ。ひとりで来る、女性をデートに誘う、接待で使う、とシーンに合わせて対応が効くのもありがたい。ぜひ、一度訪れて、日本酒と一緒に楽しむ郷土料理の美味しさに舌鼓を打ってもらいたい。

1
夏場は入り口を開け放って開放的な空間にすることができる
2
木のぬくもりを感じる段差のないカウンター席は常連さんで賑わう
3
店内はゆっくりと座れるように席同士の間隔がたっぷりととられている
4
天井付近のパネルには九州産の名物が書き込まれている
5
東京では珍しい佐賀の地酒を豊富に扱っている。イチオシは『鍋島』

イメージ

----------------

ページの一番上へ戻る▲