スタミナ満点の栄養食!新鮮な鰻&遠州名物を堪能しよう!鰻菜詩GINZA

夏バテ知らずの豊富なメニューが充実

まずは自慢の鰻の味を体験してもらいたい。
熟練の職人さんが浜名湖から生きたまま届いた新鮮な鰻を500度の備長炭で、外側はパリッと、内側はふわっとジューシーになるように丁寧に焼きあげる。そこへ、浜名湖産鰻と相性の良い、料理長オリジナルの秘伝のタレに浸して火にかける。すると、香ばしい匂いが立ち上り、食欲を刺激するだろう。鰻と一緒にタレのしみたご飯を口に入れると、絶妙な甘口タレが口内に広がるはずだ。鰻特有の心地良い食感を堪能していると、時折、石臼挽きの山椒がピリリとアクセントを与えてくれる。シンプルだからこそ、素材本来の旨みが引き立て合っている。この料理が江戸時代から庶民に親しまれてきた理由がよくわかる。

そんな鰻料理の中で一番人気をあげるとしたら「鰻菜詩重」(3,400円)だ。ひとつのお重の中に白焼きと蒲焼きが入っていて、2つの味を楽しめるお得な一品。丁寧に下処理をしている『炭火 鰻肝焼き』(700円)は美味しいと評判も良い。珍しいものでは『鰻茶漬け』(900円)がある。地元の米を焼きおにぎりにして、利尻昆布でとった上質なダシ汁を注ぎ、海苔とワサビをかけて食べる。適度な量なので女性でも頼みやすく、食事の〆にも適している。

コース料理は6,000円からやっている。6,000円のものでも、先付・お造り3点盛・焼き物・鰻重またはひつまぶし・吸物・漬物・フルーツというお腹いっぱいの内容だ。オススメの食べ方は、コースを頼み、さらに旬のものを単品で合わせると更なる満足感を経験するだろう。ランチでは限定10食だが、リーズナブルな『鰻菜詩御膳』(1,800円)というのもやっている。

4
蒲焼きと白焼きの2種類を楽しめる「鰻菜詩重」
5
熟練の職人が、鰻をよりおいしく焼き上げる
6
他店ではなかなか食べられない鰻寿司は締めにぴったり

イメージ

----------------

ページの一番上へ戻る▲