酒好きには夢のスタイル!本場ヴェネチアのバーカロが銀座に BARABABAO

コンテストで優勝したシェフが作る自慢の料理!

バーカロに来たならまず、前菜を味わってほしい。『おまかせ前菜盛り合わせ』(1人前1,200円、2人前1,800円)は、一口サイズだが、一品一品が素材の味を引き出しているので、味の違いを楽しめる。水の都と言われるだけあって、新鮮な魚介類を使ったメニューが多い。さらに、オーダーが入ってから手動マシーンでカットをする『イタリア パルマ産の生ハム』(1人前800円、2人前 1,350円)や、ヴェネチア前菜の代表作『イワシのサオール』(650円)も好評だ。

イタリアから輸入した粉からつくる自家製生パスタも自慢。中でも人気が高いのは『魚介のラグーソースのフェットチーネ』(1,380円)だ。小麦粉の風味を感じるモチッとした平打ち生パスタの食感を堪能してくれ。

デザートでオススメなのは『クリームチーズとプラリネのセミフレッド』(450円)。口に入れるとサラリと溶けて甘さが広がり、最後にナッツの食感が残る。口の中での変化に驚かされるだろう。

『バラババオ ヴェネチアコース』(4,800円)や2名以上で注文できるリーズナブルな『バラババオ 大皿コース』(3,500円)など、コースメニューも揃っている。ランチは1,000円〜。前菜11種類と好きなパスタ、さらにデザートとドリンクがついて1,850円というお得なランチコースもある。

4
前菜盛り合わせ。おすすめでお願いすることもできるが、カウンターで好きなものを選んで盛ってもらうことも。
5
左:『魚介のラグーソースのフェットチーネ』(1,380円)。右:『帆立貝の軽いクリームソースタリオーニ』(1,280円)。粉から店で作る自家製生パスタはおいしさが違う!
6
人気を二分するデザート、左:フルーツがたっぷり入ったマチェドニア(600円)と右:『クリームチーズとプラリネのセミフレッド』(450円)。  

イメージ

----------------

ページの一番上へ戻る▲