【世界一の朝食】が表参道にオープン。朝デートでセレブな時間を満喫しよう!bills表参道

ハリウッドスターが絶賛した味とは?

ではさっそく、世界一の味をご紹介しよう。まずは、ニューヨークタイムズなど様々なメディアで特集された看板メニュー『オーガニック・スクランブルエッグ w/トースト』(1,200円)。卵・生クリーム・バター・塩の4つだけというシンプルな料理だが、素材の味が全てしっかりとしているのが特徴だ。国産の新鮮卵をスクランブルせずにヘラで折りたたむように調理するので、ナイフで切ると切断面が層になっていて、見た目も美しい。口に入れると鼻の奥にまでバターの香りが押し寄せ、クリーミーでふわふわした食感が味わえる。さすがは世界が認める味だ。4つの食材がとても丁寧に混ざり合った印象を受けるだろう。

そして次は『リコッタパンケーキ w/フレッシュバナナ、ハニーコームバター』(1,400円)。シドニーでの映画の撮影中、レオナルド・ディカプリオがコレにはまって通い詰め、ウエイトオーバーで監督から禁止令が出たと言われる話題の一品。パンケーキと言われて、「いわゆる喫茶店のホットケーキ」を想像したキミはまだまだ甘い。『bills』のパンケーキは生地にメレンゲを使っているので、空気をたくさん含んで、口溶け感が絶妙。しっとり感とふわふわ感がコラボした今までに味わったことがない食感なのだ。シドニー中がマネをしたと言われるハニーコームバターとメイプルシロップが添えられているので、好みの甘さに調節しよう。美味しい上に、栄養がたっぷりと、朝食には最適の一品だ。

上のふたつの人気メニューとぜひ一緒に頼んで欲しいのがドリンクメニュー。中でも『オレンジ、バナナ、ヨーグルト、ベリーのサンライズドリンク』(700円)は、新鮮な生搾りフルーツをヨーグルトでミックスしてあるので、飲みやすくて栄養も豊富だ。『bills』のフルーツ系のドリンクは全て生搾り、というこだわりぶり。「朝からしっかりと栄養をチャージしてほしい」というビルの考え方がここにも詰まっているのだ。

7
来店者の多くがオーダーするという『リコッタパンケーキ』。ボリュームたっぷりの見た目に反して、軽い口当たりでいくらでもたべられそう!
8
軽くすませたいときは、フルーツ入りのミューズリー(シリアル)がおすすめ。
9
カプチーノも一杯ずつ丁寧に淹れてくれる

イメージ

----------------

ページの一番上へ戻る▲