本場パリの味を気軽に楽しめる!巨匠のカジュアルフレンチ LE PETIT TONNEAU【今回紹介するお店は、人気料理番組『料理の鉄人』で鉄人坂井に見事勝利したフレンチの巨匠のお店『LE PETIT TONNEAU』(ル・プティ・トノー)虎ノ門店。日本にいながら本場パリの味をお手頃価格で堪能できるこのお店。ライブ演奏が行われたり、ワンコインで楽しめる

バットンさん特製の牛頬肉のスペシャルリブ。 そして香り豊かなワインを楽しもう!

お店の人気メニューは、バットンさん特製の『牛頬肉のスペシャルリブ』。4〜5時間かけて赤ワインでトロトロになるまで煮込んだ肉は、舌の上で溶けてしまうほど柔らかく、濃縮された旨味が詰まっている。

他にも『ムール貝の白ワイン蒸しクリームスープ』も評判の一品。肉厚でプリプリなムール貝に絡まっているのはクリーミーなソース。ボリュームも満点で、大勢でシェアできるのも魅力だ。11:30〜15:00のランチタイムには、パスタ、リゾット、キッシュのどれかと小皿、そしてコーヒーが付いたメニューが、お手頃価格の1050円で味わえる。本場の味をランチでも味わってみてはどうかな?

また、フランス料理に欠かせないものといえばやはりワイン。ギャルソンに聞けば料理と相性の良いものをセレクトしてくれるので、気軽に質問してみよう。値段も3,000円〜5,000円程度のものをメインにしているので、こちらもお財布に優しい。ワインの味を覚えるのもデキる男への第一歩。いろいろと味わってみよう。

ここで『LE PETIT TONNEAU』流デキる男のワインの味わい方を紹介。グラスにゆっくりと注ぎ→口に含む前に心の準備をし→ワインを目で楽しんで→次に香りを楽しみ→少しずつ口に含んで→最後は舌で評価をする。この一連の流れが自然に出来るようになれば、明日からフランスに行っても恥ずかしくないぞ。

5
鴨もも肉のコンフィ・ジャガイモのソテー添え。とっても上品なお味
6
オススメはローヌ地方のワイン。お値段も手頃
7
『料理の鉄人』に出場したときのバットンさん

イメージ

----------------

ページの一番上へ戻る▲