ブラジルの雰囲気そのままを味わえるシェラスコレストランTUCANO’S【今回ご紹介するお店は、渋谷駅より徒歩5分、本場ブラジルの味を日本にいながら味わえるブラジル料理店『TUCANO'S』(トゥッカーノ)。大串に刺さったジューシーな牛肉・豚肉・鶏肉・そしてラム肉を、お客の目の前でナイフで切り分ける[シュラスコ]は見応えも食べ応えも十分。ボサノヴァの生ライブを聴きながら、ブラジルからやってきたシェフが焼く絶品肉料理が食べ放題!なんとも魅力満載のお店だ。】

『TUCANO’S』ならではの絶品!肉の数々

"シュラスコ"は単なるバーベキューではなく、肉の部位ごとに焼いているのが特長。必然的に多くの種類をいただけるのがうれしいポイント。牛肉は8種類、ランプ肉、サーロイン、コブ肉、スペアリブ、ハラミ、フィレ肉、ローストビーフ、ガーリックステーキ。豚肉は3種類、ソーセージ、リブ、ロイン。鶏肉は3種類、手羽先、ハツ、ササミのベーコン巻。そしてラム肉。中でも一番人気はランプ肉。うっすらと脂がのっている肉を、削ぎ切りにしてサーブしてもらう。ブラジルでも一番人気のおいしい部位だ。

『TUCANO'S』ならではの特徴的な部位はコブ肉。セブ牛というラクダのようにコブを持つ牛を使い、栄養がたっぷりと詰まったものをいただける。

肉との相性が良い焼きパイナップルも見逃せない。さっぱりとしたパイナップルは消化も助け、"シュラスコ"では欠かせない存在。焼くことで甘みが凝縮され、口当たりよくいただけるので女性からも人気だ。

『TUCANO'S』のシュラスコは、ビュッフェ形式になっているので、サラダやフルーツ、ご飯やパスタ、スープやデザートも堪能できる。おなかがいっぱいになるまでいただけて、2時間4,000円はリーズナブル!

また、ドリンクで一番人気なのは、ブラジルのカシャーサというサトウキビのお酒と、ライム、砂糖で作ったカクテル「カイピリーニャ」。さっぱりとして飲みやすいけれど、アルコール度数が高いので飲み過ぎに要注意。

ランチでは、ディナーよりもリーズナブルな値段でシュラスコが味わえて、ランチビールやランチワインも300円で楽しめるのが魅力。

8
ビュッフェスタイルで、肉料理以外も充実
9
甘〜いチョコレートデザートは女性に大人気!
10
ビュッフェの種類はかなり豊富!食べ過ぎに気を付けよう
11
壁に張られたゲストの写真の数々。みんな笑顔だ

イメージ

----------------

ページの一番上へ戻る▲