常時50種類以上!メニューに載っていないワインも

ヘタ郎
やっぱりイタリアンといえばワインですよね。でも僕、ワインなんてコンビニのしか飲んだことありませんよ?
カド男
そういう場合は、背伸びをせずにソムリエにおまかせしてみたらいいんじゃないか?
前菜、パスタ、メインなど、料理ごとに合うグラスワインを出してくれるぞ。しかも、食べるスピードに合わせて飲みきれるように通常の半分の量で出してくれるんだぜ。
ヘタ郎
へぇ〜。それなら「生中!」としかオーダーしたことのない僕でも安心ですね。
カド男
“おいしいものをちょっとずつ”っていうのが女心をくするんだよな。フルボトルで頼むのもいいが、おまえが酔っぱらったら初デートも台無しだから、最初はおまかせした方がスマートだろう。
ヘタ郎
さすが高級レストラン!至れりつくせり〜っ!
カド男
さて、ここで突然ですが”デキる男のワイン講座”だ
ヘタ郎
……何ですか急に!?
カド男
ワイン初心者のヘタ郎くんにちょっとしたワインのマナーを教えてやろう。
ヘタ郎
はい!ぜひ!
カド男
ワインのマナーその1! 片手にナイフやフォークを持ったまま、グラスを持って飲むのはアリ?ナシ?
ヘタ郎
え? 僕、よくそうやって飲んでるんで…アリ!?
カド男
残念!答えはナシ。グラスを持つ時はナイフやフォークはテーブルに置くのがマナーだ。
ヘタ郎
気をつけます……。
カド男
その2、乾杯はどうやる?
ヘタ郎
こう、グラスとグラスをチンとぶつけるんじゃないんですか?
カド男
またまた残念。グラスはジョッキよりも薄くて割れやすいだろう? だから、目の高さに上げるだけで十分なんだ。
ヘタ郎
カッコつけてやってしまうところでしたよ…。
カド男
こちらが、ソムリエの森さん。リストランテ カステリーナのソムリエは女性なんだ。
ヘタ郎
どうぞよろしくお願いします……ハッ!ズキュン!
カド男
ど、どうした!?
ヘタ郎
すいません、あまりに美人だったのでハートを打ち抜かれてしまいました…
カド男
お前、惚れっぽいな〜(笑)

イメージ

イメージ

5
カステリーナおすすめのワインで贅沢な時間を。種類も豊富に取り揃えているので、味の好みなど、リクエストにも応えてもらえるはず

美人ソムリエが選ぶ、「モテワイン」

まず一本目は「Belle Epoque 2000」。一杯目におすすめしたいシャンパンで、ラベルにはガラス工芸作家エミール・ガレの描いたアネモネがデザインされている。続いて「Pecorino 2009」。
こちらは華やかでフレッシュな味わいが特長のペコリーノ種を使った辛口の白ワイン。

そして「Brunello di Montalcino D.O.C.G.2004」。魅惑的な濃いルビー色、そして重厚な味わいを持つイタリアを代表する伝統的赤ワイン。どれも味はもちろん、キュートなラベルにも注目。

万が一飲みきれなくて余ってしまったり、気に入ったボトルがあれば、持ち帰りもOK。空きボトルを花瓶やインテリアにしてもステキだ。また、予約の時に伝えておけば、一本につき2500円で持ちこむことができるので特別なワインがあったら、まず相談を。

イメージ
----------------
----------------

ページの一番上へ戻る▲